• タイムカードの現状とメリット

    • タイムカードといえば、社員が出勤や退社の際に個別のカードを機械に挿入し、出退勤時刻を記録するものとして、古くから使用されてきました。

      特に営業を担当する部署では、出退勤時刻が不規則になりますから、個々の勤務時間管理をするために重宝されてきました。

      ガジェット通信情報をピックアップしたサイトです。

      しかしながら、本人が出勤していなくとも他の社員が代理でタイムカードを挿入するなど、一部では不適正な取り扱いが行われてきた実態もあります。
      そこで、ここ数年、社員の勤務実態を適正に管理することなどを目的に、タイムカードの機能が改良され様々なシステムと連動され、多くの会社で導入されています。



      まず、タイムカードの不正な取扱いを防止するため、従来のカード方式でなく、社員証をID化し事務室に入室する際には、必ず社員証を機械にかざさなければ入室できない仕組みになっています。

      また、社員証を機械にかざした時間は、自動的にシステムに登録されますから、意図的に出退勤時刻をごまかすことができない仕組みになりました。
      このことによって、社員の怠業行為は大幅に激減しています。さらに、この入退室時刻の記録を給与システムに連動させることによって、残業時間の算出や割増賃金の計算など、給与事務の効率化も図ることができるようになりました。
      このように、タイムカードは、単なる勤務時間を記録する仕組みから、社員の勤怠管理や給与システムの効率化など、様々な分野において、なくてはならない仕組みになってきているのです。



  • 科学をよく学ぶ

    • タイムカードの役割について

      部下社員が勝手に残業していたことが、労働基準監督署に指摘された場合、ケースバイケースですが、一般的に注意指導されるのは、社員の勝手な行動であったとしても社員の責任が問われます。なぜなら、平成12年に厚生労働省が、社員を帰宅させるのも会社側の責任であるとの見解を示したからです。...

  • 大人の常識

    • タイムカードの利便性と注意点

      ここ数年、タイムカードを導入する会社が増加傾向にあります。そもそも、タイムカードは、そこに働く社員の始業時間や退社時間を記録するものでしたが、従来のものはそこまでの機能しか備わっていませんでした。...

  • 大事な科学の事・身に付けよう