中古バイクを購入するメリットとデメリット

バイクを購入するにあたって、新車を購入するか中古を探すかを迷う人は多くいます。

また、自分の欲しいと思っているバイクが中古しかない場合もあります。



中古バイクを購入するメリットは、価格、納車時期の早さ、慣らし運転が済んでいる、そして新車で出回っていない車両があるという点にあります。価格はもちろんのこと、納車整備と書類関係のみで購入できるため、個体を決めてから手元にくるまでの期間が比較的短いのは利点といえます。

OKWaveに関するマニアックな情報をお届けします。

購入する人によっては通勤、通学などの関係で早めにバイクを手に入れ慣れておきたいというケースがあり、そのような人にとって納車が早いというのはメリットになります。


また、慣らし運転が済んでいるため、ある程度気をつかわずに初めからそれなりの走行をしても問題無く走るというのも利点のひとつでしょう。


出回っている個体のなかには現在絶版となっているものもあり、新車で購入することができないタイプを購入できるというのもメリットといえます。
一方で、部品の生産が終わっているものは修理が極めて難しくなることを念頭に置いておく必要があります。

デメリットは、お店によっては修理履歴を隠蔽している可能性があったり、そのため消耗部品を早い時期に交換しなくてはならなくなる場合があることです。

このデメリットは、ネットや人づてによるお店の評判をあらかじめチェックしておけば避けられます。

中古のバイクの情報検索をお役立てください。

ただし、修理履歴の隠蔽などが無い良好な中古バイクだったとしても、メーカーによる保障を受けられないという点は考慮しておく必要があります。