• タイムカードの利便性と注意点

    ここ数年、タイムカードを導入する会社が増加傾向にあります。


    そもそも、タイムカードは、そこに働く社員の始業時間や退社時間を記録するものでしたが、従来のものはそこまでの機能しか備わっていませんでした。



    言い換えれば、大きなコストをかけて導入しても、あまり効果はなかったのが実情です。

    朝日新聞デジタル情報なら、こちらをご参考にしてください。

    しかしながら、最近のものは大きな改良が加えられ、記録された出退時間を給与を計算するシステムに連動することができるようになりました。

    給与システムに転送されたデータは、そのまま給与計算に反映することができますから、ここにかかる労力が大幅に軽減されることとなったのです。
    特に、給与計算の中でも、時間外労働にかかる賃金計算は、複雑な割増計算が必要ですから、事務の効率化とともに、計算ミスなどによる誤支給も防止することができます。
    こういった経緯から、タイムカードを導入する会社が増えているのですが、今後の課題はいかに社員に正しく活用させるかになっています。
    というのも、時間外労働にかかる人件費を抑制するため、退社していないのに退社登録をして、仕事を続ける人も少なからず存在するのです。

    会社は、社員の健康維持にも責任がありますから、虚偽の登録がまかり通ってしまうと、責任問題にも発展しかねません。

    機械化やシステム化が進むことによって、勤務時間管理は簡単になりますが、そこで安心することなく、本来の趣旨をしっかりと認識しておくことが大切なのです。