• タイムカードの種類とは

    タイムカードというと一般的には厚紙で出来たカードのことで、タイムレコーダーに入れると時間が印字されるというカードのことになります。



    最近では色々なタイプのタイムカードが存在しています。

    前述した紙のカードタイプのものは一般的なタイムレコーダーとして広く知られているもので、誰にでも扱いやすく電源さえあれば稼動できるし、価格も比較的安めという利点があります。

    タイムレコーダーの中で日付と時間の管理をしているので、タイムカードを入れるだけで出勤時間、退勤時間、休憩時間などの印字をすることが出来ます。

    ICカード認証タイプのタイムレコーダーも最近では主流になってきています。

    この場合はICカードをタイムレコーダーにかざすことによって、勤務時間等が記録されるシステムで、多くはインターネット上などと繋げる必要があります。タイムレコーダーの種類によっては液晶画面のあるものや、パソコンに繋がっているものなど様々なニーズの際に使用することが可能です。

    勤怠管理 クラウドの情報はかなり役に立ちます。

    この場合のタイムカードはICカードであり、勤怠時間はインターネットやパソコン上などで管理することになります。

    自分に合った共同通信社に関する予備知識が満載です。

    ペーパーレス化することによって、毎月毎月従業員のタイムカードの作成の手間が省けるほか、もちろん紙を使わなくなるので環境にも良いし、今まで保存していた記録紙がデータ化されるというメリットもあります。

    しかし使用システム料は別途かかってくることが多いので、経費面ではどちらかが高くなるかは機種にもよるでしょう。